カミングアウトの影響

皆さま、こんにちは!
FTXパンセクシュアルのジョセフです。

先日、前の職場でお世話になったK先輩と食事に行った時のことをお話しします。

*****

4年くらい前に、当時の職場の同僚だったTさんにカミングアウトしたことがありました。

さほど親しい相手ではなかったのですが、何となく恋バナになり、
当時は女の子と付き合っていたので、それをありのままに話したのです。

その時の反応は、戸惑いながらも、
「テレビとかでしか聞いたことなかったけど、そういう人が実際にいるんだね〜」
というものでした。

私はそれに対して、
「知らないものに接した時、人間はそういう反応をするのだな。だからこそ、私のカミングアウトが、Tさんにとって知るきっかけになればいい。」
そう思っていました。

4年前、それ以上のことはありませんでした。

しかし、先日、K先輩と食事に行った時に、このような言葉を聞いたのです。

「あなた、Tさんにカミングアウトしたでしょう。Tさん、そんな話を聞かされて不快だったと言ってたわよ。
さほど親しくもないのに、そんな重い話を聞きたくなかったってね。
カミングアウトするのは、ちゃんと信頼できる人だけにした方がいいわよ」

K先輩には、ずっとお世話になっていて、仕事で悩んだ時にもアドバイスをくださり、
私のカミングアウトにもよく話を聞いてくださるので、とても感謝していただけに、
そんなK先輩からこのような言葉が発せられたことが、とてもショックでした。

ですが、K先輩は、カミングアウトによって私が仕事で不利になったりしないかと心配して、あえてそんなアドバイスをくださったのです。

私はこの協会で知り合ったMTXの方と結婚しました。
結婚したら、名前も変わり、社内会合で発表されます。
言うなれば、恋バナを公表されるわけです。

「さほど親しくもないのに、結婚報告を聞かされて不快だった」
という人がいるでしょうか?

場合によってはいるかもしれませんが、だからといって、
「結婚報告は信頼できる人だけにした方がいいわよ」と言われるでしょうか?

LGBTの人は左利きと同じくらいの割合で存在する、と言われています。

何も言わなければ、相手からは勝手に右利きだと思われ、
左利きであることを言うと不快にさせるのでしょうか?

右利き=異性愛
左利き=同性愛

と置き換えて読むとどうでしょうか。

「ありのままを話すのはやめた方がいい。」
まだまだ、そう言われてしまう社会なのだと、痛感しました。

誰もがありのままでいられる世界を作りたい。
セクシュアリティ、障がい、国籍、趣味、利き腕…などなど。

あらゆる可能性を考え、それを前提として、
先入観を持たずに接していきたい。
そして、それに必要な知識を広める。

それが私の使命と思っています。
大げさな言い方になってしまいましたが、
今できることから、一つずつやります。

だから、これからも、全てにフルオープンで生きていきたいと思っています。

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

もちこ
アクティブメンバーもちこのTwitterは こちら
JLGA
日本セクシュアルマイノリティ協会のTwitterは こちら

日本セクシュアルマイノリティ協会のボランティア活動

  • ボランティアに参加する

ありのままの自分で、胸を張って生きていける。そんな社会の実現を目指して一緒に活動してみませんか?何ができるかわからないけど協力したい、活動したいという方、自分らしく輝ける場所として何かを表現したいという方、一緒に活動しましょう。
https://jlga.or.jp/volunteer/active-menber

  • イベントに参加したい学生の方々

LGBTについて知りたい学生の方のアンケートなどに協会ボランティアメンバーが自身の想いを伝える交流会です。
参加希望の方はこちらからご連絡ください。
https://jlga.or.jp/form/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)