Spring has come!

突然ですが、春ですね!

みなさん、いかがお過ごしですか?アクティブメンバーの、のぶ(NOBU)です。

卒業、入学、就職、異動、昇進、引っ越し、一人暮らし・・・「春」からは、何かワクワクするようなワードを連想しますよね。これらは、すべて環境が変化する出来事。“変化”は私たちに楽しみをもたらしてくれますが、一方でストレスになることもあるのです。私は、メンタル相談の仕事をしているのですが、3月から5月にかけては、環境の変化による不安やストレスが原因で調子を崩す方が多いように思います。そこで、そんな不安やストレスに負けない方法を3つお伝えします。

1つ目は、不安や悩みを「一人で抱え込まない」こと。簡単に言えば、愚痴をこぼせば良いのです。自分の気持ちを吐き出すことで気分がスッキリしたり、考えを整理できたりするといった効果があります。

相手は、友人、家族、同僚、上司など誰でも良いのですが、しっかり話を聞いてくれる人が良いですね。すぐにアドバイスしたりお説教したりする人は選ばない方が良いです。LGBT当事者の場合は、悩みの中に自身のセクシュアリティに関連することが含まれることがありますよね。そうなると、身近に相談できる人がいない場合もあるかと思います。そのような時は、当協会の「にじの相談窓口」をぜひ利用してみてください。お待ちしています!

2つ目は、自分が安心できる「イメージやグッズ」を持つこと。言わばお守りのようなものです。そのイメージを思い起こしたり、グッズを手に取ったりすることで、自分の中で区切りをつけられるようにしておくのです。

例えば、全身で感じる海風、波の音、高原の木々、暖かい布団などなど。ちょっとしんどい時に、このような安心できて心地よいイメージを思い浮かべ、区切りをつけるのです。グッズだったら、写真や絵、文具、雑貨など。音楽やアロマでも良いですね。物は試し!トライしてみて下さい!

3つ目は、過去のうまくいった経験を再現することです。今まで、同じようなストレスを感じたり気持ちが沈んでしまったりした時に、うまく抜け出せた経験はありませんか?その時、自分がどんなことをしたのか思い出してみて下さい。「一度うまくいったのなら、もう一度やってみよう!」ということです。この経験は、自分のリソースとして今後も活用できるはずです。

私の場合、一番好きな季節はやっぱり春かな?若い頃は夏が好きだったけど、最近の夏は暑過ぎて老体には堪えます・・・。幸いな事に花粉症もないので、好きな庭園散策などを満喫したいと思います。

みなさんも、良い春をお過ごしください!

 

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

もちこ
アクティブメンバーもちこのTwitterは こちら
さっちょ
アクティブメンバーさっちょのTwitterは こちら
JLGA
日本セクシュアルマイノリティ協会のTwitterは こちら

日本セクシュアルマイノリティ協会のボランティア活動

    • ボランティアに参加する

ありのままの自分で、胸を張って生きていける。そんな社会の実現を目指して一緒に活動してみませんか?何ができるかわからないけど協力したい、活動したいという方、自分らしく輝ける場所として何かを表現したいという方、一緒に活動しましょう。
https://jlga.or.jp/blog/active-menber

    • イベントに参加したい学生の方々

LGBTについて知りたい学生の方のアンケートなどに協会ボランティアメンバーが自身の想いを伝える交流会です。
参加希望の方はこちらからご連絡ください。
https://jlga.or.jp/form/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)