選挙とLGBT

こんにちは、弁護士のはんな(白木麗弥)です。

さて、皆さん、参院選は投票されましたか?そして、誰にどこの党に投票しましたか?

LGBTの法的な課題をクリアするためにも選挙ってとても大事なんです。

 

選ぶ党も人も人それぞれですし、注目したい争点も人それぞれ。でも選挙前にこんなことに気をつけてもらえたらなというポイントをあげてみたいと思います。

 

まず、政策の背景にある考え方を確認してみましょう。国でも都でも予算・人には限りがありますよね。その中でどこに優先的にお金や人を配分するのかは政治家や政党によって考え方は様々です。ぱっと見だと差がつかないかもしれませんが、よく読むと違いがわかってくるかもしれません。

また、選挙の時だけの行動だけではなく、普段の政治活動の報告書やウェブサイトを見ると、その人が本音で大事にしたいところがわかります。何を質問しているのか、どんなことを優先して勉強しているのか、わりとわかりやすくなると思いますよ。

最後に、はっきり書いてないけど、「この政策についてあなたはどう思うの?」という事項があるなら、聞いてみちゃうというのもネットでの選挙活動が認められた今ならツイッターなどで尋ねられる場合があります。

 

私はLGBTを応援してくれる政治家を応援しようと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)