ご挨拶

『安心と中立』それは、日本セクシュアルマイノリティ協会が2011年1月に設立される前身の時代から、私たちが大切にしてきたものです。当協会は安心を実現する為に中立な立場から、さまざまなコトや物・人の架け橋になります。セクシュアルマイノリティ(LGBT)ひいてはすべての性の住み良い環境を整える為に、今までの経験を生かしながら、できることを一つ一つ実践していきます。

「セクシュアルマイノリティ(LGBT)とその理解者が寄り添いあい、支え合えたら安心だ。」「人生行路の指針となるものがあったらいい。」「ノーマライゼーション。少数派も多数派も認め合い、いろんな人がいる社会が当たり前になったらいい。」という気持ちで、“協会”を設立しました。

100人いれば100通りの認識

今やセクシュアルマイノリティ(LGBT)は多様な性として、日本の社会でも受け入れられ始めています。性別はグラデーションのように100人いれば100通りの認識があります。性別が「男性」「女性」の二通りに依らないことが理解されつつある今だからこそ、丁寧に素直な私たちの姿を発信していく事が大切です。

正しい知識を得ることはとても大切です。ですが『正しい』とはどういうことをいうのでしょうか。例えば子どもを東大に入学させたい母親が育児書を100冊読んでも、高名な教育家のセミナーを聞きに行っても、そもそも子ども本人が大学受験をしようと思うかはわかりません。どんな人生を送るのか、最終的にはその子(人)を取り巻く人間環境や社会環境が大きく関係してきます。私たちは一人ひとり異なる人間ですから『答えが出ないことが答えである』と言えます。ひとりひとりと向き合い、一つ一つの事例の理解に努める社会の促進を目指します。

1人だけでなく、みんなの力で

日頃あまり意識しませんが、私たちは支え合いながら生きています。それを、一つの形にしたものが協会です。『相互扶助』の精神で、それぞれができる形で支え合い、一つのコミュニティ(協会)を形成することで、協会がその人の人生にとって、一つの安心の形としてありたいと考えています。その人のペースで、ときに寄り添い合い、ときに時間を共有したり楽しんだり、または静観することもできる環境をめざしています。
「それぞれができる形で支え合う」とは、高い能力や特別な何かが必要なわけではありません。能力に関係なく気持ちが集まることで、形にできることがあると信じています。

ありのままの自分で

『ありのままの自分』、例えば自分がしたい格好や話したい話し方で過ごせる。カミングアウトをした方が自分らしく生きられる人は、迷わずカミングアウトできる。カミングアウトをする必要がなく、するつもりがないのなら黙っていられる。それぞれにとって自分らしい選択ができる社会を作ります。

日本セクシュアルマイノリティ協会は、すべての性にとっての「安心」とは何かを考え、快適に過ごしていける社会になるよう努めます。

2016.12. 吉日

日本セクシュアルマイノリティ協会 設立メンバー/理事
吉美 (中根元美)

協会運営メンバー紹介

設立メンバー
こうすけ

エルからゲイであることのカミングアウトを受けて、人生でどんな壁があるのかを一緒に調べ、将来を考えました。私自身が当たり前に受けられるサービスや制度をエルは受けられないのなら、みんなが安心できる幸せな未来を目指したいと思い、手探りで活動してきました。これからもできることをひとつずつ実行していきたいと思います。

設立メンバー
エル

基本的にカミングアウトはしていません。みんなが安心して生活できる場所をつくりたい。こんな思いで活動をしています。
学生時代、セクシャリティで悩んでいた時、一人で生きること、結婚できないことがとっても不安でした。でもその時僕には支えてくれる友人がいました。
今では、協会を通じてたくさんの人と知り合い不安はなくなりました。みんなで協力しながら活動することのすごさを実感しています!

理事/設立メンバー
吉美 Yoshimi
(中根元美 Yoshimi Nakane)

二児の母。恋愛観が人と異なることで、過去には人として欠陥品なのかと悩んだ事がある。自身の半生から「本当の意味で誰にでも住みやすい社会とはなにか。この経験を生かし大きな意味で人の役に立ちたい」と考えてきた。学生時代にビアンとトランスジェンダーから告白されたが、それより何年か後の大切な人のカミングアウトに心底驚いた。人生をかけてセクマイの問題と向き合おうと思うきっかけとなった。

代表理事補佐
須黒弘孝 Hirotaka Suguro

静岡県出身。学生の時に同性の友人から告白をされる。その後、仲の良かった友人からのカミングアウトを違和感なく受け入れたことで、本人を含めた周りから疑問の声が上がった。その反応が意外で、社会に対して、「受け入れることを疑問に思わないでほしい。正しい知識をしっかりと知って欲しい。」と思い活動するようになる。趣味はドライブ。