国連UNESCO #ColourMeInプロジェクト

国連 UNESCO AsiaPacificが開催する#ColourMeInプロジェクトに
協会代表の吉美に白羽の矢が立ち、唯一の日本人として参加させていただきました。

#ColourMeInプロジェクトの目的:
アートの力を通し、アジア太平洋地域の若いLGBT学生が抱えている困難に光を当て、
学校において彼らの人権を守る支援の輪を広げるためのメッセージを世の中に広く発信する事

「SDGs 4・質の高い教育をみんなに」SDGs×LGBT

#ColourMeIn出展作品

さまざまな愛の形

母親と姉の3人暮らし

愛に国境はない

作品について

【制作のきっかけ】
吉美自身、障がい者の家庭に育ち、症例のない病気であったため、複数転校やイジメがある中、
先生や親にもらった様々な言葉に支えられて生きてきました。
吉美が出会ったLGBTIQを含む、多くの素敵な方にとっても、
生きるための何かの支えになれたら嬉しいなと思ったため。

【作品を通して伝えたいメッセージ】
どの性も素晴らしく、また多様な性があることが当たり前ということ。
多くの人がSOGI(性的指向・性自認)に関する正しい知識を持ち、寛容な心で生活を送り、
どんな人も孤立することなく、安心して自分らしく生きていける可能性があるということ。
ひとりじゃない安心。
ひとりでも多くの子ども、それから保護者、教育者に笑顔になってもらいたいと思いました。

【似顔絵のモデル】
協会のアクティブメンバー(ボランティアメンバー)。
カミングアウトしていない人もいるため、雰囲気やメッセージを大切にしました。

取材について

お問い合わせフォームからお問い合わせください。

他提出作品

LGBTIと障がい者と暮らす子ども

本当の優しさと強さ(自身が悪者でも、アウティングを防ぐ)

好きになった人が好き

誰を好きでも、人生は豊か

祖父に育ててもらった

祖母が大好きな元女子高生

伝統のある厳しい家育ち

友人からの恋人

髪を伸ばすことが自分らしさ

「自分確立」の真っ最中

心配と不安を乗り越えて

友人達とパートナーと暮らす

ファッションは自己表現

見た目は淑女、生き方はロック

家や学校ではほとんど話さない

新しい生き方(人生初のカミングアウト後、恋人ができる)

真剣な生き方に間違いはない

視覚障がいがあっても、楽しい

命は紡がれていくから