LGBTホットライン

あなたの一言が、相手を傷つけているかもしれません

先輩って結婚しないんですか?

従業員は、
不安を感じる職場では、
「働きがい」を失くしてしまいます。

社員の離職リスク

安心できる
職場環境作りが必要です

2005年から15年 日本で初めて「すべての性」をはじめて掲げたLGBT総合サポートの「パイオニア」
一般社団法人日本セクシュアルマイノリティ協会 活動実績No.1 総合サポート歴No.1 LGBT検定日本初

日本セクシュアルマイノリティ協会の
LGBTの専門教育を受けた
プロのカウンセラー・相談員が
悩みをお聞きします。

LGBT相談ホットラインは、即日導入が可能です

安心できる職場環境が離職を防止します。

LGBT相談ホットライン相談

離職防止のためのホットラインの設置

よく聞くお客様の声

大手通信会社
管理職社員

管理者の声

正直、うちの会社には当事者は居ないし、「いつかはやった方がいいだろう」ぐらいの気持ちでした。
ただ、取り組んでいないとリスクが大きいのでとりあえず導入したところ、うちの会社で年間8,000万円の利益を出している社員が当事者だったことがわかりました。彼は転職を考えていたことを知った時には言葉が出ませんでした。やってみて良かったです。

大手通信会社
会社員 事務職

非当事者の声

会社にLGBT当事者がいるので、対応を始めたが、はっきり言って良く分からず苦痛だった。その悩みを話すことができて良かった。

大手通信会社
会社員 開発職

LGBT当事者の声

転職を考えていたけど、当事者のことを考えて取り組みを始めてくれたので良かった。会社を通さずに相談できるのが安心できる。

こんなときには、LGBT相談ホットラインがお役に立ちます

  • 当事者に関わる方々を幅広くサポート
  • LGBT専門教育を受けたカウンセラー・相談員が対応
  • 会社を通さないから、当事者にとって安心
  • 会社に所属する方すべての方が利用可能
  • 希望により対面相談も可能(別途費用が必要)

ホットライン導入の期待される効果

生産性の向上

「なんでも話せる!」という安心感が、当事者はもちろん、すべての人のストレスを軽減することで、就業率向上や生産性の向上

離職・ハラスメントの防止

「話せる場所」があることで 離職ハラスメントの訴訟などのリスクに事前に備えることができます。

採用を有利に

ダイバーシティ推進で雇用の間口が広がり、
採用 に有利になることも期待されます。

LGBT相談ホットライン導入までの流れ

ホットライン申し込み

ホットライン導入前ガイドをご確認のうえ、「LGBT相談ホットラインお申し込みフォーム」より、お申し込みください。

担当者 打ち合わせ

LGBT相談ホットラインの
「導入キッド」をお送り致します。
会社コードやパスワードをお知らせいたします。

ホットライン開設 社内周知

LGBT相談ホットライン「導入キッド」を送付致します。キッドの導入ガイドに従い、社内周知をお願い致します。 導入キッドには、会社コードとパスワードを同封いたします。

LGBT相談ホットライン導入までの流れ

ご予約メール 送信

申込時には、個人情報の入力は不要です。会社コードをお伝えください。誰でも、どんな悩みでもご相談ください。

相談日調整&確定

受付センターにて、カウンセラー・相談員の日程調整をさせて頂きます。
日程確定時に、電話番号や手順をお知らせします。

お電話にてご相談

相談当日は、相談者さまからお電話頂きます。心の準備ができましたらお電話ください。また、希望によりカウンセラーからお電話することもできます。

LGBT相談ホットラインお申し込みフォーム

LGBT相談ホットラインのお申し込み前に、「導入ガイド」を事前にご確認ください。
サービス内容をご確認のうえお申し込みください。LGBT相談ホットラインご利用費用は、年間払いとなります。
事前に金額をご確認の上お申し込みください。

LGBT相談ホットライン導入ガイド
社員数 導入費用
1~10人 月額15,000円
11~50人 月額30,000円
51~100人 月額40,000円
101~300人 月額90,000円
301~500人 月額140,000円
501~1000人 月額265,000円
1001人~ お問い合わせください

税抜き価格となります。

LGBT相談ホットラインに申し込む