認証マークのご案内

協会ではセクシュアルマイノリティ(LGBT)が安心して社会活動・経済活動を行う為に、企業・団体の取り組みを「見える化」することで、どんな人にも一目で「セクシュアルマイノリティ(LGBT)の理解に努め、配慮している」ことが伝わりやすくする為の認証マーク制度を整備しております。

すべての性の人々が安心で快適な生活を送る為には「すべての性への理解と、快適な環境を作るための努力」を継続的に行うことが大切だと考えます。

なぜ認証マークが必要か?

最近では「LGBTフレンドリー」を掲げる企業がとても増えました。セクシュアルマイノリティ(LGBT)の存在を認め、向かい合おうとする姿勢は嬉しく思うものの、どういった基準で「フレンドリー」といっているのか不明で不安である、という当事者の声をよく聞くようになりました。

まじめに社員のことを考え、社内環境改善/従業員満足度向上を目指しているのに、どういった取り組みをしたらいいのかわからない。「形式だけの施策」「偏った施策」になってしまっている、という企業の方の意件も聞きます。そしてそのことに気づいていない、もしくは改善できていないという状況も見受けられます。

「うちの会社では、LGBTについて取り組んでいるけれど、利用するのが怖い」という当事者の意見もあり、折角ある制度を生かし切れていない現状を改善したいと考え、認証マーク制度の必要性を感じ、その活用に向けて準備中です。

認証マーク取得で期待される効果

企業・団体が継続的に、「セクシュアルマイノリティ(LGBT)に対して理解する・環境等を改善する姿勢で、事実その為の制度を持ち実行している」ことを証明することで、誰が見ても、企業が一定の取り組みをしているということが一目で分かるようになります。

企業・団体の取り組みを客観的に「見える化」することにより、セクシュアルマイノリティ(LGBT)当事者だけでなく、周りの人も安心して働いたり、気軽にサービスを利用したりすることができることを目指します。

セクシュアルマイノリティ(LGBT)を良く知る人もそうでない人にも、違和感なく制度やサービスの品質を認識できるようにすることで、カミングアウトしている人も、していない人も、安心して“さりげなく”それらを利用できることを目指します。
真摯にセクシュアルマイノリティ(LGBT)と向き合う姿勢を世の中に発信することで、企業・団体が社会的役割を果たしている一つの指標とし、すべての性にとって安心できる制度やサービスを目指します。
※ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願い致します。

認証マークについてのご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりご連絡お願いいたします。

詳細はこちら(PDF)